EDGE-NEXTシンポジウム2021 in 東海

名古屋大学 主催:Tongaliプロジェクト
開催日時 ※ このイベントは終了しました
日時: 2021年06月25日(金)
時間: 12:00-18:00
開催場所
名古屋大学 坂田・平田ホール
464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町 理学南館 坂田・平田ホール
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/congre.html
対象
会場参加は東海地区の大学の学部生・大学院生/オンライン参加はどなたでも可

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、会場参加者の受け入れを中止し、全面オンライン開催への変更を決定しました。会場で登壇者のお話を直接聞くことを楽しみにしてくださった皆様には心よりお詫びいたします。オンライン参加への変更について、メールでご案内させていただきます。
開催案内チラシには開催方法の変更が反映されておりませんのでご注意ください。

概要

開催案内(PDF)
開催案内(PDF)

アントレプレナーシップはウィズコロナ時代のニューノーマルとなりうるか?

“アントレプレナーシップ”とは、起業を目的とするのではなく、社会に新しい価値を生み出し、リスクに挑戦する姿勢です。
新型コロナウイルスにより、大学の教育・研究のみならず、産業界やライフスタイルなどが大きく変化している現在、アントレプレナーシップは社会環境や価値観の変化に対応するための必須要素として求められることが多くなってきました。この要求にアントレプレナーシップ教育は答えることができるのでしょうか。
本シンポジウムでは、日本のアントレプレナーシップ教育の現在地について考え、その可能性について議論します。

※ EDGE-NEXT:
次世代アントレプレナー育成事業Exploration and Development of Global Entrepreneurship for NEXT generation)
日本各地の大学で取り組んできたアントレプレナー教育で得られた成果や課題を踏まえて、大学等の研究開発成果を基にした起業や新事業創出に挑戦する人材の育成、関係者・関係機関によるベンチャー・エコシステムの構築を目的とした文部科学省の取り組みです。

開催情報

2021年6月25日(金) 12:00~18:00

オンライン参加

実施方法 Zoomウェビナーによるライブ配信
オンラインイベントにおける注意事項をご一読ください
定員 500名
参加費 無料
参加申込 開催当日まで受付 ※但し 定員に達した時点で締め切ります

* 2021/6/10:新型コロナウイルス感染拡大の影響により、会場参加者の受け入れを中止し、全面オンライン開催に変更しました。

プログラム

12:00~12:10 開会挨拶

名古屋大学 副総長/学術研究・産学官連携推進本部 本部長 佐宗 章弘

12:10~12:30 オープニングトーク

文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 課長 斉藤 卓也 

12:30~13:30 Keynote Speech 1
未来を創造する起業家的思考と行動法則(仮)

バブソン大学 アントレプレナーシップ 准教授 山川 恭弘

起業道、失敗学、経営戦略、及び国際ビジネスの分野で教鞭をとる。ピーター・ドラッカー経営大学院にて経営学修士課程修了(MBA)。テキサス州立大学ダラス校にて国際経営学博士号取得(PhD)。10年間エネルギー業界にて新規事業開発やスタートアップ設立の経験を持つ。
執筆活動はアントレプレナーシップに関する多数の学術論文にわたる。日本での著書は「全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術:あなたも世界を変える起業家になる」など。
CIC Japan プレジデント / ベンチャー・カフェ東京代表理事他。

13:30~14:30 Keynote Speech 2
6カ国を渡ったAI研究者から見た日本

Senior Research Scientist at Google Brain Shixiang Gu

専門は深層学習、強化学習、ロボティクス、ベイズ機械学習。ケンブリッジ大学兼マックスプランク研究所博士課程修了、博士(機械学習)。トロント大学工学科卒業、卒論指導教授 Geoffrey Hinton。元スタンフォード客員研究員。東京大学客員研究員(松尾研)。CoRL 2019最優秀論文賞、グーグル特化研究賞。研究成果はGoogle Research Blogpost 、MIT Technology Review などに取り上げられた。日本生まれの中国系カナダ人。

14:30~14:45 休憩

14:45~16:15 海外武者修行報告会
実施プログラム内容紹介と参加学生による発表

発表者:
東北大学、早稲田大学、名古屋大学の教職員及び学生

16:15~17:30 パネルディスカッション
アントレプレナーシップ教育を受講した起業家たち

テーマ
– 起業の後、EDGE-NEXT受講を振り返って
– これからの起業家教育と、アントレプレナーシップ教育

登壇者:
EDGE-NEXT卒業後に起業した受講生OB 5名
日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA) 産学連携部会 委員 岡橋 寛明

17:30~ 閉会挨拶

名城大学 大学院理工学研究科 教授 財満 鎭明

開催後記(PDF)

EDGE-NEXTシンポジウム開催後記_PDF

開催後記はこちらからお入りください。

EDGE-NEXT シンポジウム2021in 東海が 6 ⽉ 25 ⽇(⾦)12:00-18:00 実施され、132 名の⽅がオンラインで参加されました。
「アントレプレナーシップはウィズコロナ時代のニューノーマルとなりうるか?」をテーマに、バブソン⼤学 アントレプレナーシップ 准教授、⼭川 恭弘 ⽒と Google Brain Senior Research Scientist Shixiang Gu ⽒による基調講演、海外部者修⾏報告会、アントレプレナーシップ教育を受講した起業家によるパネルディスカッションが⾏われました。

主催 Tokai-EDGE(Tongali)プログラム(名古屋大学コンソーシアム)

協力 文部科学省EDGE-NEXTコンソーシアム

“EARTH on EDGE”~東北・北海道からの起業復興~(東北大学コンソーシアム)
産官学グローバル連携によるEDGE NEXT プログラム(Global Tech EDGENEXT)(東京大学コンソーシアム)
多様性と創造的協働に基づくアントレプレナー育成プログラム(九州大学コンソーシアム)
EDGE-NEXT 人材育成のための共創エコシステムの形成(早稲田大学コンソーシアム)

お問い合わせ

名古屋大学 Tongaliプロジェクト事務局 [メールフォーム]
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 3階 311号室
TEL: 052-747-6490
※コロナ禍の影響により、スタッフがテレワークで業務を行っていることがあるため、お電話よりもメールフォームからのお問い合わせの方が確実に対応できます

↑