アイデアピッチコンテスト2019 Idea pitch contest 2019

Tongaliアイデアピッチコンテスト概要

開催案内(PDF)

自らが温めているアイデア、ビジネスプランなどをそのまま眠らせておくのではなく、実現させてみませんか?

来る11 月15 日(金)、東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)の大学および大阪大学(EDGENEXT協力機関 1)の学部生・大学院生・ポストドクターを対象とした、アイデアコンテストを実施します。
起業アイデアをはじめ、企業とタイアップした新事業、地域振興、社会貢献、学生イベントを盛り上げるためのアイデアなど、おもしろアイデアならなんでもOK。アイデアのわくわく感や新規性・独創性などを評価し、審査を行います。
優秀チーム5組には10万円の活動支援金を支給 2するほか、サポーター企業・団体からの特別賞もあります。特に優れたチーム(2チーム程度)には、事業化へのステップアップのため、米国・シリコンバレー研修への挑戦権を授与するなど、アイデアを確度の高い事業計画に仕上げるためのサポートを行います。

たくさんのご応募をお待ちしております。

1 Tongali は文部科学省「次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)」の採択を受けています
2 2020年2月29日の成果報告会で発表することを条件とします

コンテストの位置付け

Tongaliプロジェクト第4期は、5月の『Tongaliシンポジウム2019』に始まり、同月末からの『Tongali スクール2019』 へと続きます。
Tongali スクール I・II』 でアイデアを創出する方法や特許などのスキルを身につけ、『アイデアピッチコンテスト』で自らのアイデアを発表し、その実現に向けて第一歩を踏み出すことを期待します。

アイデアピッチコンテスト』終了後は『Tongali スクール III』の実施、そして『海外研修』です。
来年6月(予定)には『ビジネスプランコンテスト』(活動支援金最大50万円支給予定)を開催し、『ビジネスプランコンテスト』の優秀チームを主な受講対象とした『リーンローンチパッド名古屋』では、アイデアを事業化するための方法を体験しながら身につけていきます。

ぜひこの『アイデアピッチコンテスト』にチャレンジして、自分のアイデアを発表し、アイデアの実現に向けた次のステップに繋げてください。

応募方法

【応募受付期間】

2019年10月7日(月) ~ 30日(水)


【応募要項】

応募要項(PDF)

For English, please look at Guideline for detail.


【応募資格】

東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)の大学および大阪大学の学部生・大学院生またはポストドクターが代表者で構成されるチーム、個人であること。


【応募の流れ】

  1. 本ページ下部の応募申請フォームよりエントリーしてください
  2. 予選に向けて、3分間のプレゼンテーション資料をご用意ください
  3. 11月1日(金)予選実施


予選通過

  1. 11月10日(日)までにアイデアピッチコンテスト申請書を提出してください
  2. 11月15日(金)アイデアピッチコンテスト本選実施


【留意点】

  • 1代表者につき、1プランのみの応募です。ただし、ひとつのチームの代表者が別のチームメンバーになることは可能です。
  • アイデアを実現したいのであれば、「より多くの人にアイデアを聞いてもらうこと」が実現への近道です。しかし、コンテストで公開する以上、優れたアイデアが剽窃・模倣される危険がゼロではありません。特許権などの知的所有権等が発生しそうな場合は、本コンテストでプレゼンする前に出願をしておくことも対策の一つです。
    必要であれば事前にTongali プロジェクトにご相談ください
  • アイデアの著作権の侵害等については応募者の責任とし、Tongaliプロジェクトは関与しません。
  • 公序良俗の観点から適当でないと判断されたプランの評価は行いません。

予選

2019年11月1日(金) 16:00~18:00 ※ 応募チーム数により終了時間が前後する可能性があります


【場所】

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 1階 Idea Stoa 【地図
(名古屋市千種区不老町)


【予選内容】

アイデアに関する3分間のピッチ(=ショートプレゼンテーション)を行った後、予選審査員より5分間の質問を受けます。
予選は一般聴講者を入れずに行います。


【予選審査方法】

プレゼンテーション・質疑応答を基に、以下の項目を評価します。

  1. わくわく感 (アイデアがおもしろい)
  2. 新規性・独創性(アイデアに特徴や競争力がある)
  3. 市場性・将来性(世の中に明確なニーズ・需要があり、将来の発展も見込まれる)
  4. 意欲・熱意(アイデアかける熱意や思いが伝わってくる)


【予選審査員】
 ※ 氏名五十音順、敬称略

ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 代表取締役 堤 孝志
ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 森戸 裕一
株式会社ニューズピックス ブランドデザイン事業部 アカウント・エグゼクティブ 渡辺 敬子


【予選結果】

予選の結果は予選会場にて直ちに発表します。また、申請代表者にメールでお知らせします。
予選通過チームの本選出場には、11月10日(日)までに所定のアイデアピッチコンテスト申請書を提出することを条件とします。

コンテスト本選

2019年11月15日(金)

16:00~19:30 アイデアピッチコンテスト
19:30~20:30 情報交換会


【場所】

なごのキャンパス 1階 コワーキングスペース(HOME ROOM) 【地図
(名古屋市西区那古野2丁目14-1、旧 那古野小学校)


【コンテスト内容】

アイデアに関する3分間のピッチを行った後、審査員より5分間の質問を受けます。


【審査方法】

申請書・プレゼンテーション・質疑応答を基に、以下の項目を評価します。

  1. わくわく感 (アイデアがおもしろい)
  2. 新規性・独創性(アイデアに特徴や競争力がある)
  3. 市場性・将来性(世の中に明確なニーズ・需要があり、将来の発展も見込まれる)
  4. 意欲・熱意(アイデアかける熱意や思いが伝わってくる)


【審査員】
 ※ 敬称略

審査員長 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 本部長 佐宗 章弘
審査員
※ 氏名五十音順
株式会社R-pro 代表取締役 岡本 ナオト
株式会社ストライプインターナショナル パブリック・リレーションズ本部
SDGs推進室 室長
二宮 朋子
株式会社ミライプロジェクト 代表取締役
株式会社エイチーム 取締役
牧野 隆広
(順次追加します)


【賞】

Tongali賞(優秀賞) (5チーム)

  • 1チームにつき活動支援金10万円
  • Tongaliハウス使用権
  • 起業のための実務サポートを提供

サポーター賞 ※ 企業名五十音順

  • SMBC日興証券株式会社
  • 大和証券株式会社
  • 中京テレビ放送株式会社
  • 一般財団法人東海東京財団
  • 名古屋市信用保証協会
  • 野村證券株式会社
  • 日本ベンチャーキャピタル株式会社
  • 丸紅株式会社
  • 三井物産株式会社
  • 三菱商事株式会社

海外チャレンジ賞(2チーム程度、1チーム2名まで)

  • 米国・シリコンバレー研修への挑戦権を授与

オーディエンス賞

名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部長賞


【受賞チームの義務】

  • 活動支援金の使用方法や今後のスケジュール等についての説明会への出席
    2019年11月第4週(調整中)開催、各チーム1名は必ず出席のこと
  • 受賞チーム向け研修への参加
    2019年12月7日(土)、2020年1月11日(土)、1月25日(土)、2月22日(土)の計4回実施
  • 受賞チームが所属する大学のURAや教員等による月1回程度のメンタリング
  • コンテスト後の活動について成果報告会(2020年2月29日開催)での発表
  • 成果報告書および活動支援金会計報告書の提出
  • 【海外チャレンジ賞受賞チーム】英語研修への参加(開催日調整中)

応募申請フォーム

携帯メールをご登録の方へ: 事務局からご登録のアドレスにご連絡することがありますので、「aip.nagoya-u.ac.jp」ドメインからのメールの受信設定をお願いします。


チーム名
Name of team 必須
チーム名よみ
Name of team (hiragana) 必須
テーマ
Theme 必須
(50文字または英単語25語程度 Around 50 characters in Japanese or 25 words in English)
申請代表者お名前
Name of applicant 必須
姓 Last name

名 First name
申請代表者お名前よみがな
Name of applicant (hiragana) 必須
姓よみ Last name (hiragana)

名よみ First name (hiragana)
申請代表者メールアドレス
E-mail of applicant 必須

確認のため再入力 Re-typing e-mail for confirmation
申請代表者所属・学年等
University & school / School year of applicant 必須
例: 名古屋大学工学部 ex: School of Engineering, Nagoya University

メンバー1 ※申請代表者以外
Member 1
姓 Last name:

名 First name:

姓よみ Last name (hiragana):

名よみ First name (hiragana):

所属 University & school:

学年等 School year:
メンバー2
Member 2
姓 Last name:

名 First name:

姓よみ Last name (hiragana):

名よみ First name (hiragana):

所属 University & school:

学年等 School year:
メンバー3
Member 3
姓 Last name:

名 First name:

姓よみ Last name (hiragana):

名よみ First name (hiragana):

所属 University & school:

学年等 School year:
メンバー4
Member 4
姓 Last name:

名 First name:

姓よみ Last name (hiragana):

名よみ First name (hiragana):

所属 University & school:

学年等 School year:
備考欄
【任意】6人目以上のメンバー情報(氏名・氏名よみがな・所属・学年等)、連絡事項やご質問等ありましたらご記入ください

 ※ 送信ボタンを押すとフォームの内容が直ちに送信されます。お間違いがないか今一度ご確認ください。

主催 Tongaliプロジェクト

問い合わせ 名古屋大学 Tongaliプロジェクト事務局

名古屋大学 東山キャンパス ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 3階 311号室 [地図
tel. 052-747-6490

↑