ニュースNews

名古屋大学コンテスト

『ビジネスプランコンテスト2018』開催報告

応募多数のため、Tongaliのコンテストとしては初めての実施となる書類審査によって選ばれた14チームがビジネスプランを発表しました。
各チーム7分の熱のこもったプレゼンテーションで、150名を超える参加者が集う会場は大いに盛り上がりました。

<Tongali賞>

【最優秀賞】
チーム名: S-mat
テーマ: SNiCS (Smart Noninvasive Care Sense for newborn)
申請代表者: 名古屋大学 渡邉 史朗 さん

【優秀賞】
チーム名: EDAMAME LAB
テーマ: 世界初の人工土壌「組み立てSOIL」~国内の事業化計画から~
申請代表者: 名古屋大学 原 香菜子 さん

【3位】
チーム名: ほいっと
テーマ: 保育者の愛から生まれた制作物を、一回限りでなくシェアして次へと活かすことができるシステム “ほいっと”
申請代表者: 愛知教育大学 中島 夕綺 さん

【4位】
チーム名: Kolocoro Interactive
テーマ: コロコロ英単語 ー AR英単語知育おもちゃ
申請代表者: 名古屋大学 畢 振名 さん

【5位】
チーム名: B2B Med Onc
テーマ: 骨肉腫の克服を目指した抗体薬物複合体 ADC の開発
申請代表者: 名古屋大学 江崎 寛季 さん

<サポーター賞>

【SMBC日興証券賞】
チーム名: からくりずむ
テーマ: 電子迷路を、世界のSTEM教育1大ジャンルに。
申請代表者: 名古屋工業大学 坂元 律矛 さん

【大和証券賞】
チーム名: Kolocoro Interactive
テーマ: コロコロ英単語 ー AR英単語知育おもちゃ
申請代表者: 名古屋大学 畢 振名 さん

【中京テレビ賞】
チーム名: ほいっと
テーマ: 保育者の愛から生まれた制作物を、一回限りでなくシェアして次へと活かすことができるシステム “ほいっと”
申請代表者: 愛知教育大学 中島 夕綺 さん

【プレミア東海東京賞】
チーム名: EDAMAME LAB
テーマ: 世界初の人工土壌「組み立てSOIL」~国内の事業化計画から~
申請代表者: 名古屋大学 原 香菜子 さん

【UTEC賞】
チーム名: EDAMAME LAB
テーマ: 世界初の人工土壌「組み立てSOIL」~国内の事業化計画から~
申請代表者: 名古屋大学 原 香菜子 さん

【三菱商事賞】
チーム名: S-mat
テーマ: SNiCS (Smart Noninvasive Care Sense for newborn)
申請代表者: 名古屋大学 渡邉 史朗 さん

【学術研究・産学官連携推進本部長 財満鎭明 賞】
チーム名: B2B Med Onc
テーマ: 骨肉腫の克服を目指した抗体薬物複合体 ADC の開発
申請代表者: 名古屋大学 江崎 寛季 さん

https://tongali.net/biz-contest2018/

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

イベント

↑