shakeアクセラレーションプログラム「DRAFT」キックオフ記念公開講座vol.3

名城大学 主催:名城大学 社会連携センターPLAT、共催:Tongaliプロジェクト
開催日時 ※ このイベントは終了しました
日時: 2020年09月07日(月)
時間: 18:30 ~ 20:30
対象
東海地域の何かやりたいと思っているU-35の若者など/若者を応援したい人/Zoomにて顔出しで参加することができること
開催案内(PDF)
開催案内(PDF)

名城大学社会連携ゾーンshakeを舞台に、社会に対して何か仕掛けたいという若者を応援するshakeアクセラレーションプログラム「DRAFT」がスタートしました!

プログラムのキックオフを記念するオンライントークイベント第3弾のゲストは、NPO法人G-net代表理事の南田修司さん。南田さんは大学院時代にG-netに参画し、大学生と中小企業の経営者とともに地域活性化や事業革新のプロジェクトに取り組んできました。
最近は、兼業・副業などの解禁を受け、都市部で働く若者と地域の中小企業をつなぐ「ふるさと兼業」や、緊急事態宣言直後、全国の若者がオンラインで社会とつながる「つながるキャンパス」を立ち上げるなど社会課題から新しい仕組みを創ってきました。
この仕事に飛び込んだきっかけは、大学時代に仲間と企画したトークイベント。そこからどう今につながったのか、また新しいプロジェクトはどうつくっているのかなど、お話しいただきます。

イベント情報

2020年9月7日(月) 18:30~20:30

【場所】 オンライン(Zoomミーティングを活用します)
【参加費】 無料
【定員】 先着30名
【対象】
  • 東海地域の何かやりたいと思っているU-35の若者など
  • 若者を応援したい人
  • Zoomにて顔出しで参加することができること

※ 35歳以上の方もお申込みいただけます。

【申込期日】 開催当日 ※ ただし定員になり次第締め切ります

お問い合わせ 名城大学 社会連携センター(担当:山本・宮原)

TEL: 052-838-2473
E-mail: ccr@ccml.meijo-u.ac.jp

↑