Tチャン 海外編 <2>
T-Chan International Edition

名古屋大学 主催:Tongaliプロジェクト
開催日時
日時: 2022年05月31日(火)
時間: 12:00-13:00


 
対象
どなたでも可

地図が利用できません

インド編 India

Guest Speaker

Rishabh Agarwal
CEO and CO-Founder of Peer Robotics

Rishabh Agarwal氏は、ロボット工学とシステムエンジニアリングを専門とする機械エンジニア。インド、アメリカ、ドイツでの生活、学び、仕事を経験した後、世界中の中小規模の製造業者向けに、シンプルで費用対効果の高い物の取り扱いの解決策を構築するというビジョンを持って、2019年にPeer Roboticsを設立した。

Mr. Rishabh Agarwal is a mechanical engineer with specialization in robotics and systems engineering. After living, studying, and working in India, USA, and Germany, Mr. Agarwal founded Peer Robotics in 2019 with the vision of building simple and cost-effective material handling solutions for small and medium scale manufacturers around the world.

About Peer Robotics

Peer Roboticsは2019年に設立され、米国コネチカット州ハートフォードに本社を置き、インドのHR州グルグラムに事業所を構えています。中小規模の製造業に対し、すぐに利用可能な物の取り扱い関連の解決策を提供することを使命とし、リアルタイムで人間から学習できる協調型モバイルロボットの構築を行っています。現場の人たち(物を取り扱っている方、小包の移動を担当している方、作業ラインで操作を行っている方など)は、これらのロボットを台車のように動かすだけで、次回以降、作業を自律的に実行する方法を教えることができます。これにより、ロボットの導入は数週間から数カ月かかるところを、数分で完了することができます。

Peer Robotics was founded in 2019 and is headquartered in Hartford, CT, USA with operations in Gurugram, HR, India. With mission of providing plug and play material handling solutions to small and medium scale manufacturers, they are building collaborative mobile robots that can learn from humans in real-time. People on the shop floor (material handlers, package movers, line operators) can simply grab these robots and move them around just like a trolley to teach them on how to perform the task autonomously next time onwards.
Making integration and deployment of robots a matter of minutes rather than weeks or months it takes right now.

Outline

このセッションでは、ビジネスについてだけでなく、Rishabh Agarwal氏が地域を超えてPeer Roboticsを構築してきた経験や、COVID-19で直面した課題について共有いただきます。また、チームビルディングに関する経験や、人間とロボットのコラボレーションにどのような未来があるのか、ビジョンについてもお話しいただきます。今回が一回目のインドセッションであり、6月にもう一度インドを取り上げます。インドは世界第3位のスタートアップ・エコシステムであり、その成長ペースは衰える気配がありません。セッションでそれを実感していただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております!

During the session, Mr. Agarwal would like to share about not only businesses, but also about his experiences in building Peer Robotics across geographies and challenges faced during the COVID-19. Mr. Agarwal also will discuss his experiences towards team building and their vision on how future lies in collaboration between humans and robots.
This is the first Indian session and we will have another Indian series in June. India is the third largest startup ecosystem in the world and the pace of growth is not showing any signs of slowing. We hope you will feel that during the session. Waiting your participation!

Event Information

2022年5月31日(火) 12:00 – 13:00
Tuesday,  May 31st, 2022 12:00 – 13:00

実施方法
Venue
Zoom ウェビナーによるライブ配信
Zoom webinar
対象
Eligibility
どなたでも参加可、特に大学生・大学院生
Anyone, especially university students and graduate students
言語
Language
英語
English
参加費
Fee
無料
Free of charge
視聴申込
Deadline
開催当日締切
The day of the event
注意事項
Note
オンラインイベントにおける注意事項をご一読ください。
Please read the notes for online events.
MC

Arun Muraleedharan

Ph.D. candidate
Autonomous Driving Motion Planning and Control at Suzuki Lab
Nagoya University

お問い合わせ

名古屋大学 Tongali事務局 [メールフォーム]
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 3階 311号室
TEL: 052-747-6490