大学発ベンチャーの創り方 ~ベンチャー設立経験談と学内資金調達攻略~ 後編

名古屋大学 主催:東海地区産学連携大学コンソーシアム
開催日時
日時: 2020年12月15日(火)
時間: 14:00 ~ 15:30
対象
東海地区の大学に所属の方であればどなたでも参加可能
開催案内(PDF)
開催案内(PDF)

「起業」は研究成果を社会に役立てる手段の1つです。
ここ数年、大学発ベンチャーの起業数は増加していますが、実際にどのように大学発ベンチャーが起業・成長していき、どのような補助金あるのかなどを知る機会は多くはありません。

  • 起業を選択するメリットとは?
  • どのような流れで起業に至ったのか?
  • ベンチャー設立のための学内支援プログラムとは?
  • 起業に向けたスタートアップ準備資金*の申請書作成のポイントとは?

ベンチャー設立経験のある研究者と、起業支援担当者が疑問に答えます。

起業を考えている方、起業に興味がある方、大学発ベンチャーを知りたい方、社会へ研究成果を活かすヒントを得たい方など、是非ご参加ください。

なお「大学発ベンチャーの創り方 ~ベンチャー設立経験談と学内資金調達攻略~ 前篇」は2020年11月11日(水)に開催します。

※ このセミナーは名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部のPI育成セミナー「大学発ベンチャーの創り方 ~ベンチャー設立経験談と学内資金調達攻略~ 後編」と同じものです。


* 名古屋大学・豊橋技術科学大学・名古屋工業大学・岐阜大学・三重大学を対象に2020年10月下旬より公募開始

開催情報

2020年12月15日(火) 14:00~15:30

実施形態 Zoomウェビナー
オンラインイベントにおける注意事項をご一読ください。
参加対象 東海地区の大学に所属の方であればどなたでも参加可能
参加費 無料
受講申込 ※ 開催当日締切

プログラム

  1. 大学発ベンチャーの状況・必要性について
  2. 大学発ベンチャー経験談
  3. 学内支援プログラムの紹介&スタートアップ準備資金申請書作成のポイント

登壇者

田中 貴紘たなか たかひろ 氏

名古屋大学 未来社会創造機構 HMI・人間特性研究部門 特任准教授
株式会社ポットスチル 取締役

専門は情報工学。人工知能やHAI/HCI分野において、人と人工物のインタラクション研究に取り組む。名古屋大学COIでのドライバ特性に基づく運転評価やロボットIFを用いた運転支援・行動変容に関する技術をもとに、2020年に株式会社ポットスチルを設立。

澤田 敏彦さわだ としひこ 氏

岐阜大学 地域科学部 特別協力研究員
株式会社ゼノバイオティック 代表取締役

専門は有機化学および計算化学。化合物の反応性、化合物と生体分子の相互作用について研究。計算化学と機械学習による化合物毒性予測の技術で2020年に起業。

主催

東海地区産学連携大学コンソーシアム(名古屋大学、豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、岐阜大学、三重大学)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 3階 311号室
TEL: 052-747-6490(担当:熊坂)
E-mail: jinzai-g-event@aip.nagoya-u.ac.jp

↑