ニュースNews

岐阜大学お知らせ

『Tongaliビジネスプランコンテスト2019』で岐阜大学チームが3位入賞!

 6月1日(土)、東海地区(愛知県、岐阜県、三重県)の大学のすべての学部生・院生等を対象に、技術やビジネスシーズ・アイデアをもとに起業するプランを競い合うTongaliビジネスプランコンテスト2019が名古屋インターナショナルレジェンドホールで開催されました。

 予選を通過し本選に出場した長曽我部竣也さん(岐阜大学 工学部 化学生命工学科4年 武野明義教授研究室所属)が、「Infection Barrier(クレージング法を用いた感染症防止衣類の開発)」というタイトルでビジネスプランを発表しました。本ビジネスプランは、繊維内に機能性分子を挿入できる本学の特許技術を活用し、感染症(虫除け)対策に有効な衣類を開発・製品化するという内容です。
 予選を通過した10チーム(予選18チーム)が出場する中、長曽我部さんのビジネスプランが全体3位を獲得しました。さらに、協賛企業の大和証券㈱から『大和証券賞』、㈱東京大学エッジキャピタルから『UTEC賞』、東和不動産㈱から『なごのキャンパス賞』、三井物産㈱から『三井物産賞』、そして愛知県から『海外チャレンジ賞』も同時に獲得するなど、参加チーム最多の協賛各賞を獲得する快挙を達成しました。

※ 詳細は、『こちら(岐阜大学ホームページ)

関連記事

↑